スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あうあうあうあうあう…

これからまた塾だよ…ったく
3日間休みだったのに自由研究もなんも進んでねーよ
ずっとイラストロジックやってたんだよな
おばさんかよ
せっかくだから前回に引き続き都市伝説いっちゃいますか

猫レンジ

アメリカに住むある老婆の飼い猫が雨のために濡れた状態で家に帰ってきた。
濡れた状態だと風邪を引いてしまうかもしれないし、自分のかわいい猫をそのままにしたくないと思った老婆は名案を思いついた。
キッチンにある電子レンジを弱い状態で使えば、猫を簡単に乾かすことができるかもしれない。
さっそく濡れた猫を抱きかかえ電子レンジいいれてスイッチを入れた。
かわいそうに、レンジが猫の墓場になったのは言うまでもない。

その後、「濡れた猫をレンジに入れてはいけない」と電子レンジに注意書きをしていないのは
メーカーの落ち度であるとして、老婆はメーカーに莫大な賠償金を請求し、見事勝訴した。

牛の首1
 「牛の首」という恐ろしい怪談がある。

 この話は江戸時代にはすでに知られていたようで、
 寛永年間に書かれた庶民の日記にすでにその名は出ている。
 とはいえ、そこに記されているのは「牛の首」という
 怪談の名前だけで、話の内容は
 「今日、牛の首という怪談を聞いたが、
 あまりにも恐ろしい話なのでここには書けない」
 として語られてはいないのだが。

 このように文献にはっきりとした形で残ることはなかった
 「牛の首」だが、その物語は口授で今日まで語り継がれている。

 だが、私はその話をここに記すつもりはない。
 あまりに恐ろしい話なので、思い出したくないのだ。
 その代わりに「牛の首」を知っている数少ない人物の
 一人の身に起きたエピソードを語ってみようと思う。

 その人物は小学校の教師である。
 彼は学校の遠足の時に、
 バスの中で怪談を子供たちに語り聞かせていた。

 普段は騒々しい子供たちも今日は真剣に彼の話に耳をそばだて、
 本気で怖がっている。

 これに気をよくした彼は、
 最後にとっておきの怪談である「牛の首」を披露することにした。

 彼は声を潜めると子供たちにこう言った。
 「これから話すのは『牛の首』という怪談だ。牛の首とは・・・」
 ところが、彼が話を始めた途端にバスの中に異変が起きる。
 子供たちが物語のあまりの恐ろしさに怯え、
 口々に「先生、もうその話しはやめて!」と訴えだしたのだ。

 ある子供は真っ青になりながら耳を塞ぎ、
 別の子供は大声を上げて泣き叫ぶ。
 ところが、それでも彼は話をやめようとしない。
 彼の目は虚ろで、まるで何かに取り付かれたかのようであった・・・

 しばらくするとバスが急に停止した。
 異変を感じて正気に戻った彼が運転席を見ると、
 バスの運転手が脂汗を流しながらぶるぶると震えている。
 おそらくこれ以上は運転を続けられないと思い
 車を止めたのであろう。

 さらに辺りを見まわすと、
 生徒たちは皆口から泡を吹いて失神していた。
 それ以来、彼が「牛の首」について何かを話す事はなかったという。


…っプッ。因に牛の首という怪談は実際には存在しません
なんかネット浮遊してたらその怪談が見つかったんだけど
そこの管理人さんによるとその怪談、時代がズレまくってて
おかしいらしいのです。ま,最もメジャーな
牛の首は「飢饉のとき(?),飢えて飢えて仕様がないので
人肉を食べたが激しい罪悪感にかられるので
牛の首をかぶせて食べた」ってのらしいね。
この二つの都市伝説は「都市伝説広場」っていう
ホームページからとって来たんだけど
そこにもサッちゃんとテケテケがあるんですけども
怖いから見てません誰か感想教えてね
「りんご日記」にもトトロの恐るべき都市伝説が
あったんで見てみてね?。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

空

Author:空
東京の某大学を目指して勉強中の浪人生。成績は絶望的。
諦めないことが、大切だと思う(キリッ
浪人しても脱ヲタできん。18歳女です。
更新頻度は本人がブログの存在をたびたび忘れてるのでわけわかんないくらい低いです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet
金魚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。